クラークス デザートブーツのソール交換 クレープソール→ダイナイトソール

クラークス デザートブーツのソール交換 クレープソール→ダイナイトソール

以前の記事でアップしていたクラークスのデザートブーツが修理から戻ってきました。

ソールを買えただけで

シュッっと紳士的なイメージが増したような気がします。

imageimageimageBEFORE

clarksクラークス
デザートブーツ6ホール 
20年使用
クレープソールがすり減っていました。

↓AFTER ソール張替え完了














 


ダイナイトソールに張り替えてもらいました。

以前のクレープソールと違い

かかとがすり減っても

かかと修理に出せるので

これからもガンガンはいていこうと思います。

富山市婦中町 ファボーレ内

時計・靴修理工房alpha(アルファ)さんにお願いしました。

とても丁寧に対応していただけまよ。

ダイナイトソール


ダイナイトソール
英国のハーバララバー(Harboro Rubber)社が製造するラバーソール。
1910年誕生。100年以上英国紳士靴で最も多く採用されているラバーソール。
底面の凹凸がある形状から由来する「スタッデッドソール(Studded Sole)」というが 正式名称。
ハーバララバー社の工場が生産に追われ昼夜問わず稼働していたことから 「day & night→Dainite」というブランド名でこのラバーソールを製造し、名前が定着。

 

ファッションカテゴリの最新記事